ダーツ情報ネットワークサイト「9darts.net」 - ダーツ情報満載! Home > 連載記事 > ダーツプレイヤー用 > P001-ダーツのどこが面白い? URLメール送信 RSS FEED
新着情報 9darts.netのご案内 初心者用ページ ダーツプレイヤー用ページダーツスポット用ページダーツ関連サプライヤー用ページ webdesiner/ウェブデザイナー用ページ
9darts.nWebサイトの不具合修正状況報告(2013-04-01 01:34:04)               9dartsd.netサイト全面リニューアル(2013-02-01 00:00:06)               スマートフォン用サイトβ版 6/22より運用開始 - Phoenix(2010-06-20 02:47:03)               Revolution2010 のエントリーがスタート!(2010-06-20 02:41:04)               定期メンテナンス日の追加-Phoenix(2010-06-20 02:07:04)               【重要】iPhoneアプリ「DARTSLIVE」不具合(2010-06-20 01:51:44)               「COUNT-UP COLLECTION」女の子募集! - DARSLIVE(2010-06-20 01:41:01)               6/17(木)発売「SUPER DARTS DVD VOL.4」(2010-06-20 01:06:42)               web応答速度向上(2010-06-19 23:55:02)               2010 PERFECT 第五戦 仙台結果速報(2010-06-05 19:15:05)               

Option

メインメニュー
商品紹介
モバイル用サイト
P001-ダーツのどこが面白い? by article
トップ  >  ダーツプレイヤー用  >  P001-ダーツのどこが面白い?
連載の記事を月一回(毎月1日)に掲載していこうと決めました!
挫折しないように皆さん応援お願いします。

今回は、第1回目ということで基本的なところから説明しようと考えましたが、ちょっと視点を変えて書いてみることにします。

世間ではダーツについて、『外国人しかやらないんじゃないの』、『暗い人が多そう』、『何が楽しいのか分からない』、『やり方が分からない』などいわれているかどうか知りませんが、

ダーツのどこが面白い?

・・・と思われる方は、1回もダーツをやったことがない方か、数回やってことがある方だと思います。
「ダーツのどこが面白い?」と聞かれたら、みなさん(ダーツをやっている人)は、どう答えますか?
「ゴルフのどこが面白い?」と聞かれて答え方は、千差万別でしょう。

百聞は一見に如かず!

まずは、世界のトッププレイヤーと日本のトッププレイヤーの映像をご覧下さい!

日本のトッププレイヤー
  PaulLim(ポールリム) v.s. MitsumasaHoshino(星野光正)
  ◆こちらの動画を確認>>>■http://9darts.net/x_movie+x_movie_view.cid+5+lid+18.htm
  (※PaulLimはアメリカ人)

世界のトッププレイヤー
  Perfect JohnLowe(ジョンロウ) the World Matchplay in 1984. v.s. Keith Deller(キースラー)
  ◆こちらの動画を確認>>>■http://9darts.net/x_movie+x_movie_view.lid+58.htm

なんだかわかりました?
分からなくて当然です。北京オリンピックのフェンシングで、日本人初の銀メダルを太田雄貴選手が獲得しましたが。ほとんどの方は、映像を見てもさっぱり分からないようにルールが分からなければ面白さも分かりません。
でも、映像を見ていただいてなんとなくすごいのが分かりませんか!

日本のトッププレイヤーと世界のトッププレイヤーの映像で、投げている矢の先が違うのが分かりましたか?
分かった方は、すばらしい!ダーツのセンスがあるかも?

矢の先が樹脂製のダーツがソフトチップダーツ、金属製のダーツがハードダーツです。ちなみにハードダーツが初めからあったダーツで、ソフトチップダーツは、1980年代アメリカから全世界に広まっていきました。 その広めた人が、PaulLim(ポールリム) です。対戦していたMitsumasaHoshino(星野光正) は、ダーツバーの店員とはいえ約1年半で大会でも優勝できる腕前になりました。

『自分にもできたらな~!』と思いませんか?

ルールは分からなくても、まずはダーツを知っている人に一緒に連れて行ってもらった面白いと思いますよ。なるべく面倒見の良い、面白い人がいいですね!
それって、結局一緒に行った人次第!? そうかもしれません。ダーツもゴルフも初めてやった時の印象が、残るものだと思います。お店の店員や周りの人などが丁寧に教えてくれたり、 楽しくゲームができたりしたらいいのですが、 全ての人がそういうシチュエーションにめぐり合わせることはないでしょう。結局、”自分が楽しめたのかが重要です。”

昔からあった『ハードボード』がBARの壁にあり、男達が黙々とダーツを投げているイメージで、『暗い』、『取っつきづらい』という思い込みですかの方が多いようです。
確かにハードダーツの場合、ルールも初心者には難しいかもしれませんが、今では、DARTSLIVEPhonixBAR-NETといったデジタルダーツマシン(ソフトチップダーツ)が、アーケードゲーム感覚で、『ダーツバー』を中心に「ゲームセンター」や「ネットカフェ」、「ビリヤード場」、強いては『居酒屋』など日本のいたるところに1万台以上*1のダーツマシンが設置されています。

1日に1台10人換算*2でも10万人以上の人がダーツとしているということです。
(結構適当な計算ですが・・・日本のダーツ人口が40万人という数値をどこかで見ました)

今年(2008年)11月には、本格派ダーツ・ムービー『HAPPY ダーツ』*3公開されるなど、ダーツの認知度および人気が高まってくると考えられます。


『ダーツのどこが面白いの?』って言ってる場合じゃないです。そんなことをつべこべ言わず、まずは実践です。

10年前に数回やった人でも、そんな昔と比べたら今のダーツマシンに失礼です。パソコンが進化したら、ダーツマシンも進化していると思ってください。
ほとんどのダーツスポットにはハウスダーツといわれるダーツが置いてありますので、手ぶらで行っても出来ます!(基本的にソフトチップダーツの場合)
格好から入りたい人は、ダーツでも買ってから行ってください。今のおすすめはGRRMです。多少うまくなってからじゃないと恥ずかしいと思う方は、ダーツダーツボードを購入すれば自宅でもできます。

それでも、『ダーツのどこが面白いの?』って言うのであれば、こんな感じです。
 ダーツの面白さは、狙った場所にダーツを入れることですが、この狙った場所に投げる技術面と、
 命中させなければならないと思うプレッシャーに負けない精神面も必要です。 
 上達していくにしたがって、次第に狙ったところ(の近く)にダーツを投げれるようになり、
 プレッシャーをはねのけて勝負に勝った時の爽快感がたまらなく、ダーツにどっぷりのめり 
 込む人も多いです。

 はじめは、Bull's Eye(ダーツボードの中心部分)やトリプルに命中させた時、さらには、
 ダーツ3本がBullに命中したハットトリックは初心者にとっては魅力のアワードです。

 また、ダーツを通じていろいろな人とめぐり合えることができます。
 お店のスタッフ、お客さんとダーツを通じて知り合いも増えてくるのも大きな魅力です。 

Let's play darts!

こんな感じで、第1回を終わりますが、次回(10月1日予定)は『ダーツをやりに行こう!』です。
ダーツスポットの探し方、選び方など9darts.net流ですが紹介いたします。

*1デジタルダーツマシンの設置台数:9darts.net調べ
*2適当に計算しています
*3監督:松梨智子/出演:辺見えみり(主人公)、森泉(ライバル)、新田恵利、佐藤仁美
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:240 平均点:5.42
カテゴリートップ
ダーツプレイヤー用
次
P002-ダーツをやりに行こう!

ログイン
ユーザ名:
 
パスワード:
 
パスワード紛失 | 新規登録


ワンタン(渡部紘士)ダーツ上達法DVD

【マルチアングルダーツフォームレッスン】
Mobileサイトメニュー