ダーツ情報ネットワークサイト「9darts.net」 - ダーツ情報満載! Home > ダーツ解説 > ダーツマシン > DARTSLIVE URLメール送信 RSS FEED
新着情報 9darts.netのご案内 初心者用ページ ダーツプレイヤー用ページダーツスポット用ページダーツ関連サプライヤー用ページ webdesiner/ウェブデザイナー用ページ
9darts.nWebサイトの不具合修正状況報告(2013-04-01 01:34:04)               9dartsd.netサイト全面リニューアル(2013-02-01 00:00:06)               スマートフォン用サイトβ版 6/22より運用開始 - Phoenix(2010-06-20 02:47:03)               Revolution2010 のエントリーがスタート!(2010-06-20 02:41:04)               定期メンテナンス日の追加-Phoenix(2010-06-20 02:07:04)               【重要】iPhoneアプリ「DARTSLIVE」不具合(2010-06-20 01:51:44)               「COUNT-UP COLLECTION」女の子募集! - DARSLIVE(2010-06-20 01:41:01)               6/17(木)発売「SUPER DARTS DVD VOL.4」(2010-06-20 01:06:42)               web応答速度向上(2010-06-19 23:55:02)               2010 PERFECT 第五戦 仙台結果速報(2010-06-05 19:15:05)               

Option

メインメニュー
商品紹介
モバイル用サイト
DARTSLIVE by darts
トップ  >  ダーツマシン  >  DARTSLIVE

DARTSLIVE(ダーツライブ)

■DARTSLIVE(ダーツライブ)とは・・・
    「DARTSLIVE」は日本国内で初めてネットワーク機能を付加した業務用エレクトロニックダーツマシンです。
  高谷 慎太郎氏が2002年7月より開発を始め、2003年10月、初めて店舗へ導入。同時に、公式ウェブサイト(http://www.dartslive.jp/)を公開し、個人の成績データ閲覧やその他のサービスを提供する会員向けウェブページの運用を開始(2005年4月より月額315円の有料サービス化)。
これまで自ら計算・管理する以外なかった自分のスコアをいつでも見られるようになったことは、プレイヤーのモチベーションを向上させました。

現在では、DARTSLIVE CardというICカード及び携帯・PCを利用し、プレイヤー同士でグループを作成し、成績を競い合ったり、メッセージをやりとりしたり等、今日のSNSで提供されているようなコミュニティ支援機能を設けることで、ダーツの新たな楽しみ方を提示しました。
  2006年11月 「DARTSLIVE」の携帯電話向け有料サービス、登録会員数10万人を突破し、同年12月には設置店舗数は2000店舗を超えている。
  DARTSLIVEウェブサイトは、i-mode,Yahoo!ケータイ,EZweb のモバイルにも対応。 PCだけでなく、携帯電話からもアクセスできるためその場で自分のデータを確認できる!!!
(カードデータの閲覧には携帯電話からのコンテンツ使用料として月額315円がかかります。)
  また、株式会社ダーツライブのゲーム機TouchLiveなどと連動していろいろな機能の追加など、常に進化し続けている。
  運営会社:セガサミーグループの株式会社ダーツライブ(本社:東京都大田区、代表取締役社長:高谷 慎太郎)
   
◆沿革
 
2003年10月・・・ 高谷 慎太郎氏がはじめて店舗と導入。同時に公式ウェブサイトを公開した。(ネットワークサービス「DARTSLIVE」の実証実験を開始)
2003年11月・・・ 株式会社ダーツライブ設立
2004年10月・・・ ネットワークサービス「DARTSLIVE」の本運用を開始
2005年 4月・・・ 携帯電話でいつでも自分の成績や全国ランキングを見ることができるネットワークサービスを月額315円の有料サービス化
2006年 6月・・・ タイ・バンコクにて開催されたエレクトロニックダーツの国際大会「Asia International Dart Tournament」(主催: MEDALISTグループ)にネットワーク対応エレクトロニックダーツマシン「DARTSLIVE」を出展し海外初のオンライン稼動を実施
2006年11月・・・ 「DARTSLIVE」の携帯電話向け有料サービス、登録会員数10万人を突破
2006年12月・・・ 設置店舗数が2000店舗を超える。
(DARTSLIVEDARTS BAR SEARCH / ダーツバー検索 店舗一覧より)
2008年9月・・・ DARTSLIVE登録会員20万人突破。ダーツライブ導入店舗は2500店、普及台数は6800台
2008年12月・・ DARTSLIVE2登場 全国展開開始
2009年3月・・ 通信対戦「DARTSLIVE ARENA」βテスト開始
   
 
◆DARTSLIVEマシンで出来ること
ニックネームを表示 :プレイヤーの個性をアピール!・・・カードを挿入すると画面にニックネームが表示されます。
RATINGの自動計算 :これまで手書きで行われていたSTATSの集計が、これからはDARTSLIVEで自動計算され、一元管理することができます。
PARTY GAMEの充実 :多人数で盛り上がれるコンテンツを多数用意!
EVENT GAMEの開催 :月変わりのイベントゲームで全国ランキングを競える!
  (無料:但し「DARTSLIVE MEMBERS CARD」が必要な機能もある)
   
◆携帯電話・PCで出来ること
プレイしたデータを:PC、携帯からいつでもどこでも閲覧可能!ネットワーク管理
MYAWARD機能 :ハットトリックやホワイトホースといったビッグヒットの演出の際に、携帯やPCで登録した好きなメッセージを表示することができ、プレイヤーの個性を出すことが可能!
グループ機能 :過去対戦したことのある相手をグループに招待したり招待されたりすることにより、携帯・PCでグループ内のレーティングやハイスコア、アワードなどのデータを比較することができ、仲間同士のランキングを競えます。
  (「DARTSLIVE MEMBERS CARD」が必要で、1週間のお試し期間後は期間延長が必要)
   
◆携帯サイトでの手順
【1】

携帯電話(i-mode,Yahoo!ケータイ,EZweb)からDARTSLIVEにアクセスします。

【2】
PCサイトと同様に「ゲーム説明」や「用語辞典」などの内容をお楽しみ頂けます
【3】
カードデータをご覧になるには「ログイン」から、カードナンバーをご入力頂くと、カードに関する全てのデータの照会が可能です。
また、カードナンバー入力後のカードデータトップページをブックマークする事で、次回からのカードナンバー入力手続きを省略する事が可能です。
注意
機種によってはブックマークすると、“再読み込み”が必要となる電話機もございます。
その場合、ブックマークページへアクセス後、TOPメニューの再読み込みボタンを押すか、携帯メニューの再読み込みをしてからご利用下さい。
DARTSLIVE カードは、DARTSLIVE設置店でご購入下さい。
1枚のカードをずっと使い続ける事も、複数カードを所有して勝負用・記録用、などと使い分ける事も可能です。
  複数利用しても、利用料は315円/月です。(2006年12月現在)
   

■株式会社ダーツライブ-会社概要(2006年8月現在)

 
商号:
株式会社ダーツライブ
所在地:
〒144-0033 東京都大田区東糀谷2-12-14 SEGA本社3号館
設立:
2003年11月
資本金:
1000万円
発行株式:
200株(額面5万円)
出資比率:
株式会社セガ 90%
MEDALIST MARKETING CORPORATION 10%
URL:
http://www.dartslive.co.jp/ (株式会社ダーツライブ)
http://www.dartslive.jp/ (DARTSLIVEオフィシャルサイト)
役員構成:
代表取締役社長 高谷 慎太郎
取締役 杉野 行雄(株式会社セガ 執行役員)
Lee Peppard(MEDALIST MARKETING CORPORATION CEO)
監査役 小島 圭太(株式会社セガ 経理部部長)
   
   
■DARTSLIVEリンク
   DARTSLIVE→http://www.dartslive.jp/
 株式会社ダーツライブ→http://www.dartslive.co.jp/
   
   
プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:415 平均点:5.11
カテゴリートップ
ダーツマシン

DARTSLIVE-操作方法次

DARTSLIVE2 ARENA Card ダーツライブ セガサミーグループ da tu エレクトリックダーツ マシーン システム ネットワーク対戦

ログイン
ユーザ名:
 
パスワード:
 
パスワード紛失 | 新規登録


ワンタン(渡部紘士)ダーツ上達法DVD

Mobileサイトメニュー