ダーツ情報ネットワークサイト「9darts.net」 - ダーツ情報満載! Home > ダーツ解説 > ダーツ基本・基礎 > ダーツ設備・用具 URLメール送信 RSS FEED
新着情報 9darts.netのご案内 初心者用ページ ダーツプレイヤー用ページダーツスポット用ページダーツ関連サプライヤー用ページ webdesiner/ウェブデザイナー用ページ
9darts.nWebサイトの不具合修正状況報告(2013-04-01 01:34:04)               9dartsd.netサイト全面リニューアル(2013-02-01 00:00:06)               スマートフォン用サイトβ版 6/22より運用開始 - Phoenix(2010-06-20 02:47:03)               Revolution2010 のエントリーがスタート!(2010-06-20 02:41:04)               定期メンテナンス日の追加-Phoenix(2010-06-20 02:07:04)               【重要】iPhoneアプリ「DARTSLIVE」不具合(2010-06-20 01:51:44)               「COUNT-UP COLLECTION」女の子募集! - DARSLIVE(2010-06-20 01:41:01)               6/17(木)発売「SUPER DARTS DVD VOL.4」(2010-06-20 01:06:42)               web応答速度向上(2010-06-19 23:55:02)               2010 PERFECT 第五戦 仙台結果速報(2010-06-05 19:15:05)               

Option

メインメニュー
商品紹介
モバイル用サイト
ダーツ設備・用具 by darts
トップ  >  ダーツ基本・基礎  >  ダーツ設備・用具
 ダーツに必要な設備・用具を、ハードダーツとソフトダーツに分けて説明します。

ダーツをするのに必要な設備・用具は、以下の通りです。

必要な設備・用具

設備・用具 説明 備考(材質など)
ダーツ ダーツは4つの(バレルチップシャフトフライト)パーツで構成される 基本的にはそれぞれ取り外しが可能となっています。
※ハードダーツは、ポイントは外れないものが多い
※ハウスダーツは、シャフトとフライトが一体型が多い
(バレル) ダーツをグリップするところで、重要なパーツ
形状や重心によって、軌道が変わる
素材は真鍮のブラスダーツと、タングステンやニッケルなどの合金素材が主流
(チップ/ポイント) ボードに刺さる先端部分のパーツ。ダーツの矢先。 ハードは金属製、ソフトはプラスチック製が主流。ソフトは形状・カラーなど多様
ソフトの場合、一般的に短いチップは曲がりにくいが、折れやすく、刺さりにくい。長いチップは、折れにくいが、曲がりやすい
(シャフト) バレルとフライトの間に入るパーツ
長さは、フライトとの組合せにより軌道が変わる
多様な構造、材質、長さがある。
フライトと一体型の物もある。
短いシャフトは直線的になる
(フライト) ダーツの羽の部分。フライトがないとダーツはきれいに飛ばない。
フライトの面積によって、空気抵抗が変わる。
多様な材質、大きさがある。
一般的にスタンダードティアドロップスリムが主流
面積の少ないフライトは、直線的な軌道になる
ダーツボード ダーツの的。ハードとソフトによって材質・大きさが違う ハードは、ブリッスル(サイザル麻を圧縮した物)が主流
ソフトは、プラスチックや樹脂でできているボードであらかじめ表面に無数の穴が空いている エレクトリックダーツを使用する。大きさは業務用で15.5インチが主流
スローイングライン ダーツを投げる時に両足が超えてはならない線を表示する 立体的なオッキを設置したり、床にシール等を貼り付ける。
※通常オッキは踏んではならない。
ダーツボードの面からハードダーツは237cmとしソフトダーツは244cm




プリンタ用画面
友達に伝える
投票数:357 平均点:5.35

前 ダーツとは?|What's Darts?
カテゴリートップ
ダーツ基本・基礎

ダーツ(バレル)構造・種類次

ダーツ 用具 設備 ソフト ハード 違い 相違 基礎知識

ログイン
ユーザ名:
 
パスワード:
 
パスワード紛失 | 新規登録


ワンタン(渡部紘士)ダーツ上達法DVD

Mobileサイトメニュー